FC2ブログ

ビジネスの種はそこいらに転がってる。

先日、お付き合いの長いブリーダーさんからの依頼でチワワっ子をご紹介いたしました。


ctr40901-3.jpg


この仕事は一般のお客様だけでなく、時々プロユースの引き合いがあります。
Aというブリーダーさんからの依頼でBというブリーダーさんの子犬を仲介する。AさんもBさんもよく知っている人なので、信頼関係もあってさほど面倒もなく取引が出来るのが魅力ですよね。

こういう取引が安心して出来るのも愛好家タイプのブリーダーさんと付き合っているから。
子犬ちゃんを大事に育ててくれる安心感もありますし、将来、このおチビちゃんがママになって、そのまたベビーを見る事ができるかもしれない楽しみもあります。
自分が紹介したわんこが出産したりすると、なんだか我が子を見るような幸せな感覚になるから不思議です。

この仕事を何年か続けると、こういうギフトもあるんですよね。




さて、今回のお話は、案外ビジネスの種はそこいらに転がってるよ~ というお話です。

この仕事を始めて、お店の電話が電話帳に載るようになると、電話帳からのお電話もよく入ってきます。
そういうお客様は当然ホームページは見てないので、普通のペットショップと勘違いしてお電話されるんですよね。

「今からトリミングお願いしたいんだけど空いてますか?」

「子犬が見たいのですが、お店はどこにありますか?」

「セキセイインコとか売ってます?」

「犬を預けたいのですが・・・」

ほんと、いろんな電話がかかってきます。


我々の仕事は実店舗を構えないやり方なので、基本的にどれも対応できませんよね、普通は。
なので、こういう電話がかかって来た時にはたいてい「うちは子犬の仲介だけなので・・・」なんてあっさり断るパターンだと思います。

そして、電話を切った後に「めんどくせーなぁ」なんて思ったりするわけです。

でも、それってすごく勿体ないですよね。


例えば、うちなんかは月に10件ぐらいは平気でトリミングの問い合わせがあったりします。
当たり前ですが、トリミングなんてやってないので広告も出してませんし、そんな臭いも出していません。
それなのに、たかだか電話帳に載せているだけで月10件以上も問い合わせがあるんですよね。

すごく需要があると思いません?

多分、ちゃんと事業としてやれば、新規のお客さんが月30件ぐらいは平気で来るようになるでしょう。
そのうちの何割かはリピーターとなりますので、事業としてそこそこ行けるかもしれないという予想が出来ますよね。

そうなったら店舗を出すという選択もありますし、近隣のトリミングサロンに仲介するという事業もできます。
実際、私の場合はお付き合いしているブリーダーさんがトリミングサロンやっているので、そちらに紹介して喜ばれています。


「お店に行けば犬が見れますか?」
みたいな人には魔法の言葉があって、「子犬を展示すると可哀想なんですよね~。うちではお里で育ててもらってるんですよ」なんてお伝えすると、半分以上の人が興味を持ってくれます。

だって、電話帳の人は一般的なペットショップでしか犬を買う事が出来ないと思っているからです。
展示販売が可哀想という事すら意外性のある言葉だったりするんですね。


他にも注意深く「ちゃんと考えて」電話対応していると、いろんなビジネスの種がある事に気づきます。

お客さんになり得ない電話だからと面倒くさがっていると、ビジネスの種に気づかないまま無駄な時間になってしまいますよ~


もっとも、これは電話に限らないんですけどね。

ブリーダーさんと雑談していても、お客様とたわいのない話をしていても、ひらめく事は多々ありますから。
時間は有効に使っていきましょう!


と・・・

いろいろアイディアは浮かぶけど、なかなか時間が取れなくて何もできない事務局の原田がお伝えしました(笑)


2018.05.11 | コメント(0) | トラックバック(0) | マーケティング

ブリーダー探しの実情

こんにちは。
事務局の原田です。


先日、事務局が運営しているブランシアンの第5回目となるオフ会を行いました。


191.jpg


会場の関係で定員を設けさせていただいたのですが、申込枠が募集開始当日には埋まってしまって、お客様にもご迷惑をかけてしまいました。

でも、当日は気持ちの良い天気にも恵まれて、地元香川からはもちろん、京都・大阪・愛媛など遠方からもご足労をいただき、本当に楽しい一日となりました。
当店からご紹介させていただいた子犬ちゃんが成長して再会する。お客様も本当にいい人ばかりで、今さらですが、この仕事を長く続けていて良かったなぁ~なんて思ったわけです。

会員店の皆さまも、お客様をお誘いしてオフ会みたいな事をやってみても楽しいですよ(笑)





どんなブリーダーさんと提携すればいいの?


さて、先日、新規開業をご検討されている方よりブリーダー探しについてのご質問がございました。

いわく、「販売サイト等で自分で直販しているブリーダーも多いので、そういう人が相手にしてくれるのか?」

という事でした。

確かに、いろんな販売サイトもありますし、自分でホームページを作って販売しているブリーダーさんも多いですからね。
わざわざ我々のような仲介者を使う必要はないのでは? と思われるかもしれません。

まぁ、実際、これについては人それぞれです。
販売センスのあるブリーダーさんにとっては、自分で売ってしまった方が早いと思われる事でしょう。
でも、そんな人なんて一握りです。ほんどの人は「きちんと販売してくれる人がいたら、任せてしまった方がラク」と思っているんじゃないでしょうかね。

そりゃそうですよね。たくさんの犬たちの世話をしながらお客様対応をしなければいけないわけですから、本当に大変です。
出来れば、繁殖に集中したいと思うのは真面目なブリーダーさんほど考えている事ですし、実際にそういう声は多いですね。



もっとも、私たちが取引しているブリーダーさんは、そんな販売サイトで一生懸命売りに走っている人じゃないんですけどね。
本当の愛好家タイプのブリーダーさんは、商売なんて二の次ですし、子犬工場のような繁殖屋さんが多く登録している販売サイトをむしろ嫌っているくらいです。

そして、リテラシーの高いお客様もその事にだんだん気づいています。
だから、販売サイトさん自体の販売数も全盛期に比べると半分以下とかになっていますよね。

私たちは愛犬家タイプの人と提携し、本当に良い子犬を、それを理解してくれる(あるいは理解しようとしてくれる)お客様にご紹介するという仕事です。
別に100万人を相手にする仕事でもありませんから、逆にこだわってターゲットを明確にした方がうまく行くのです。

冒頭にオフ会の様子を書きましたが、売りに走っている繁殖屋さんやペットショップさんではこんな事は出来ませんよ。
自信のない子犬を売り付けたら、クレームが怖くてお客様に連絡なんてできませんからね。


で、その愛好家タイプのブリーダーさんはどうやって探すのか・・・

という事なのですが、これはノウハウになるのでここでは書けません。
ただ、皆さんが思っている以上に意外とたくさんいらっしゃるのは事実です(でないと、そもそも我々の仕事になりませんから)。

そして、そういうブリーダーさんほど愛想が良くて、人間的にもお付き合いしたい人が多いですね。
繁殖屋さんなんて、あれは職人気質でもなんでもなくて、ただ性格が病んでるだけだと思います。無理して付き合うだけムダですよね。

最初に愛好家タイプのブリーダーさんと出会うと、「なんでブリーダー探しを不安がってたんだろう」と思われるはずです。
そんなふうに感じていただけるよう、開業研修ではしっかりノウハウをお伝えしています。



もっとも、この仕事をご検討されているあなたが性格的に病んでいるのならおすすめはしませんけどね(笑)

普通に笑いながら人と会話ができる人なら大丈夫です。
ブリーダーさんもお客様も普通の人達ですから(笑)



2018.03.27 | コメント(0) | トラックバック(0) | 犬の知識

「機会損失」を常に意識しましょう。

会員店の皆様、こんにちは。
事務局の原田です。

ここのところ、ご見学やらお引渡しやらで、長距離運転の疲れが溜まっています・・・


180321001.jpg


こういう顔を見てると、その時は私も元気なんですけどね。後で疲れがどっと来ます(笑)


こういう忙しい時は、ついいろいろな事が後回しになってしまうのですが、
それでも、きちんと「やる事とやらない事」を精査して、流されないようにしたいですね。



という事で、今回は「機会損失」というお話です。


よく私が皆さんにお伝えしている事の中に、「成功する人は決断と行動が早い」というのがありますよね。
これは、ほんと明らかに傾向として出ています。

考えてみれば当たり前の事なのですが、早く動けば結果が出るのも早いという事です。


例えば、来月から始めるつもりだった広告を今日からやれば、1ヵ月早く売り上げがあがるかもしれません。
今日からはじめたら、今月中に子犬が1匹でも売れるかもしれませんよね。
来月から始めたら、今月売れるはずだった売り上げがゼロという事。つまり、早く行動しない事の損失が出るという事ですね。

こういうのを時間軸で見る機会損失と言います。

例えば、たまに新規開業希望者さんから「今、開業資金を貯めています」なんてご相談もあるのですが、開業資金が貯まるまで何年かかるの?という事も考えないといけません。
あまり私からは勧めませんけど、どこかから借りられるんだったら借りてさっさと事業を始めた方が良いという考え方もありますよね。
だって、金利よりその間の利益の方が多くなるわけですから、貯まるまで待ってたらそれも機会損失になるという考え方です。


皆さんが行っているブリーダー訪問だってそうですよ。
もちろん子犬の成長を見ながらですが、皆さんの都合上の事で、頑張れば今日行けるのに、なんだかんだで1週間後に行ったりすると、もしかすると、その1週間の間にその子犬を探している人がホームページを見に来てくれるかもしれませんよね。

1週間早く子犬情報を掲載する事で、本当なら他店に流れてしまうお客様があなたのお店で買ってくれるかもしれません。


他にも、ホームページを変更してみるとか、何か工夫した販売方法をやってみるとか、
SNSを開設するとか・・・

思いついたアイディアはすぐに実行してみる。


一事が万事、行動の早い人は、すべてが早いので、そりゃぁ結果が出るのも早いわけですよね。


ただ・・・

行動を遅くしている原因は、「自分では判断がつかない」とか、「なんとなく不安で行動できない」という事もあるかもしれません。
そんな時は、単なる思い付きでもいいので、ぜひ事務局までご相談くださいね。


今成功している人は、過去、ウザいくらいにいろいろ聞いてきた人たちばかりですから(笑)




事務局 原田

2018.03.21 | コメント(0) | トラックバック(0) | マーケティング

お客様の本音?


ここのところお問合わせいただくお客様からタレコミのようなお話が続いているのでシェアします。


まぁ、名前は出しませんけど、皆さんもよく知っているブリーダー登録サイトでのお話です。
彼らは広告料で商売していますので、当然取引量が増えないといけないわけです。
当然、登録しているブリーダーに対する審査もほとんどなくオールウェルカムでやっているのはご存知の通りです。

彼らは広告モデルなので、それに対してどうこう言うつもりはありませんが、
困ってしまうのはお客様なんですよね。


という事で、タレコミ情報です(笑)

・あるブリーダー宅に子犬を見に行ったら、劣悪な環境で信じられなかった。

・こちらは安くもないお金を払うのに、将来的にドッグショーに出すのを条件とされた。そこまで干渉されるのは納得できないのでやめた。

・あるブリーダーは遠方だからと、見学なしで子犬を売ろうとしていたがこれっていいの?


ここで、事の是非を言うつもりはありません。それこそ僭越ですからね。

で、何が言いたいのかというと、お客様は犬の目利きが出来るわけではないし、ましてやブリーダーの良し悪しなんて現地に行くまでは分からないのです。
そういう人たちの受け皿になるのが我々だと思っています。

お客様の目になって、きちんとしたブリーダーからきちんとした子犬をお客様へ紹介する。
そして、ご購入後もその子犬が天命をまっとうするまで、しっかりご相談にはお答えしていく。

そういう事をきちんと理解してもらえば、おそらく今以上に我々に対する需要は増えてくると思います。
現に、その兆候はあきらかに出ていますからね。


やり方については会員店さんにはお伝えしているはずです。

また、個別の事例に対して判断に迷う事があれば事務局までお問い合わせいただければご相談させていただきます。


会員店の皆さんがやるべき事は、こういう我々の姿勢をブログ等で周知させる事です。

「こんなかわいい子犬がいますよ~」

だけじゃ、お客様は良いのか悪いのか判断できませんからね。


どんどん情報発信していきましょう!



001.jpg

※先日、神戸までお届けしたトイプーちゃん(笑)


2018.02.27 | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑談

戌年は子犬を飼う人が増加する?

皆さま、新年あけましておめでとうございます。



f06bf16e64b774d85f1c9839fe753b81_s.jpg



旧年中は大変お世話になりました。
本年も会員の皆様にお力になれるよう、また健全なペット業界の振興に貢献できるよう頑張ってまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。


さて、今年は戌年ですね。
12年前の戌年はどうだったかというと、実は私自身は翌年2007年(亥年)に子犬の仲介販売をスタートしましたので実感としては経験しておりません。
ただ、その当時同業者の先輩から「戌年は何かと犬を意識する風潮があったので、子犬を飼う人が多かったよ」なんて話を聞いて、あと1年開業が早ければと悔しく思った記憶があります。

もちろん、戌年だから需要が増加するなんて単純には思いませんが、
そもそもどんな商品でも世間的な雰囲気やメディアの露出の増加など、「なんとなく」意識を植え付けられる事で消費が増加する事はよくある事です。

「生き物」を扱う我々は単純な需要増加を喜ぶべきではないのかもしれませんが、それはそれとして、お客様を選びながら子犬をご紹介するにしても元々の需要がなければ絵に描いた餅となります。
世間様に「犬」を意識してもらう事はそれなりに喜んでも良いのではないでしょうか?


12年前の先例もある事ですし、今年はいつもの年より子犬を探される人が増えてくると思います。
しっかり準備をして、子犬と飼い主様の笑顔のために頑張ってまいりましょう!


事務局 原田


2018.01.04 | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑談

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

日本ペット通販振興会事務局

Author:日本ペット通販振興会事務局
事務局の原田です。
お客様と血の通ったお付き合いを実戦しましょう!

検索フォーム

QRコード

QR