SEO対策に難しいテクニックは必要ない!


Fotolia_84276532_XS.jpg


私がネットを使ったペット関連の仕事をやり始めた10年ほど前は、SEO対策という名のテクニック論が席巻していました。
相互リンクをたくさん依頼しましょうとか、ページランクの高いサイトにバナー広告を出しましょうとか、内部対策を意識したページを作りましょうとか・・・
よく分らないSEO対策会社からのセールス電話も頻繁に有ったものです。

その頃はそういったテクニックが通用していましたので、あるキーワードで検索すると中身のないアフィリエイトサイトばかりが上位に表示される・・・なんて事もよく有りましたよね。

それが、数年前にgoogleが行ったペンギンアップデートやパンダアップデートと呼ばれるアルゴリズムの変更でSEOに対する対策も激変したんですね。

どう変わったかというと、簡単に言えばコンテンツ重視。
今までのテクニックだけで上位表示されていたサイトがことごとく圏外に追いやられてしまいました。

という事で、現在ではどういうサイトが上位表示されやすいのか?
今回は、私の経験もふまえて少し解説したいと思います。



なんの対策も行っていないページがいきなり検索1位表示!

とりあえず事例を見ていただいた方が早いと思いますので、私が作成したサイトを少し紹介しますと、まずはこちらのページ。
「子犬の選び方」という検索キーワードで常に1位~2位の表示になっています。

そして、半年ほど前に開設した新しいサイトなのですが、こちらのボステリJAPANという情報ポータルサイトは「ボステリ」で3位以内、「ボストンテリア」では1ページ~2ページ目には常に自然検索であがっています。

他にもドッグフードの専門サイトでも商品名では常に上位ですし、同業者さん等から依頼されて作ったサイトもそれぞれ狙ったキーワードで上位表示されていたりします。

当然、SEOに対してはまったくお金はかけていませんし、被リンクが大量にあるわけでもありません。
私も最初は不思議だったのですが、いろいろ検証しながらやってみると、意外だけど考えてみれば当たり前というある事実に気付いたんですね。

もっとも、たいしたキーワードじゃないやん!って声も聞こえて来そうですが、実はここがまず最初のポイントだったりするのです。



量より質にこだわったキーワードを狙い撃つ!

欲を言えばビッグキーワードで上位表示される方が良いのかもしれません。我々の業界であれば「ペット」とか「子犬」とかでしょうか。

でもね、今はやみくもにお金かけてビッグキーワードを追っかける時代じゃないのです。あえて追っかけないといけないのは広告モデルの総合ポータルサイトだけじゃないですかね。
というのも、以前と違って一般のネットユーザーさんの検索の仕方が劇的に変わってきたんですね。どういう事かというと、簡単に言えばより細分化されてきたという事です。

例えば近くにトリミングサロンがないかな?なんて時は「渋谷区 トリミングサロン 小型犬」みたいな検索ですし、愛犬の病気を調べる時などは「犬 皮膚のかゆみ」みたいに細かくなってきたという事。
本気度の高い人ほど「ペット」とか「子犬」みたいな大きなくくりでは検索しないんですね。

そして、我々としてもなんとなくサイトに迷い込んだ有象無象のアクセスより、例えば本気でトリミングサロンを探している、あるいは、あるブランドのドッグフードを買おうと思って検索しているといったアクセスを取り込んだ方が顧客化しやすいですよね。



という事で、サイトにアクセスしてもらいたい人はどんな人なのか? その人はどんなキーワードで検索するのか? それを明確にして、ピンポイントで狙っていくという事がまず大事です。

ちなみにですが、私のサイトの「子犬の選び方」ですが、サイト自体が子犬の仲介販売サイトですのでちょっと胡散臭がられる事もあるんですよね。そこで、子犬販売情報を見る前に、入口の部分でなるほどと思ってもらおうと考えてこのページに力を入れました。
ボステリJAPANについては、子犬仲介販売では私の主力犬種ですから、ひとつはブランディングと、もうひとつはそこからの導線を期待しての狙い撃ちだったのです。
どちらも何万もアクセスが来るわけではありませんが、濃いお問合わせや購入にしっかり貢献してくれています。



では、具体的にどういうサイト作りを行うのか?

「ボステリJAPAN」と「子犬の選び方」に共通するのは、とにかく情報重視である事。画像もテキストもふんだんですよね。
このテーマに関しては他のサイトには負けない!くらいの情報量をめざす事ですね。

あとは細かいテクニックなのですが、ひと頃言われた内部対策については今はWordPressを使えばほぼ自動的に解決できます。
ちなみにWordPressはGoogleも推奨しているくらいですから、これは使わない手はありませんよね。

次に、文章を書く時には狙ったキーワードを常に意識する事(キーワードをほどよく文章に盛り込む)、それとページのタイトルには必ず狙ったキーワードを入れる事です。

また、これは私の経験値なのでなんとも言えませんが、文字の大きさはあまり小さいとSEO上も不利のような気がします。
このサイトもそれを意識して、Yahoo!ニュースなどで使われている文字の大きさを意識していますが、やはり、見る人の事を考えた文字サイズというものを意識してから上位に表示されやすくなりました。



と、結局は濃い情報を意識しましょう!という単純な話しだったのですが、Googleとしても検索ユーザーが何を求めているのか?という基準でアルゴリズムを進化させてきたわけですので、やはり結局はそうなってくるんでしょうね。

会員さんについては細かいサイト診断も行っておりますので、ぜひ気軽にご依頼ください。

2016.03.12 | コメント(0) | トラックバック(0) | マーケティング

あるトリミングサロンが一瞬で干されてしまった理由とは


長くペット業界にいると、いろんな黒い噂話が耳に入って来るのですが、今回もそんなちょっと悲惨な話です。
結構ありがちな事なので、「バカなやつもいたもんだ」と他人事にせず、ぜひ反面教師として教訓にしていただけると嬉しいです。


FW174_L.jpg



変な色気を出してしまったが為の失言?

他の業界にもあるのでしょうが、ペット業界というのは本当に協調性がないというか、小っちゃい目先の利益の為に他者を引きずり下ろすみたいな雰囲気が結構ありますよね。

ある関東にあるトリミングサロンの話しです。

ある日、お店にトイプードルの子犬を連れて来たお客様がいらっしゃいました。
普通にシャンプーだけの依頼だったのですが、たまたま来店した時にフケが少し出てたんですね。
すかさずトリマーさんは「少しフケも出てますし、肌も少し荒れてるようなので」と、導入したばかりのマイクロバブルの利点をお客様に伝え、しばらく通ってもらうようお伝えしたそうです。

ここまでは当たり前の普通のセールストークだったと思います。
でも、その後がいけません。

不安になったお客様が「うちの子、アレルギーか何かなのですか?」と聞いたところ、

「調べてみないと分かりませんが、生まれ持った体質かもしれません。最近は、いいかげんな交配をしているブリーダーもいますからね」

この際だからと、お客様も普段気になっている事をついでに聞いてみたんでしょうね。
「ブリーダーさんからはタイニーサイズだろうと言われましたが、その割にはちょっと大きいような気がするのですが・・・」

ここでも言わなくていい事まで言ってしまいました。

「足も太いし、多分大きくなりますよ」と。

まぁ、トリマーさんもそれなりの経験もあるでしょうし、お客様のためを思っての親切心からの言葉だったのかもしれません。
確かに、いい加減なブリーダーはたくさんいますしね。
でも、この短いやり取りが、その後の大きなしっぺ返しとなってしまったのです。



それを聞いたブリーダーさんは激怒

幸か不幸か、そのお客様は子犬を迎えてからもお里のブリーダーさんとは懇意にされていました。
当然、言いにくそうにブリーダーさんへ事の次第の連絡があったそうです。

「トリマーさんから元々皮膚が弱いと言われた」
「しかも、この子は足が太いから大きくなるとも言われた」

もしかしたら、そのトリマーさんはもっと言葉を選びながらお客様に話されたのかもしれません。
でも、伝言ゲームじゃないですが、人を介すと違った印象が伝わってしまう事はよくありますよね。

案の定、ブリーダーさんは激怒されました。

病院代はうちが出すからと、子犬を獣医さんに診てもらったところ、特に皮膚には異常は見られず。
フケも普通に生活していたら出るレベルですとの所見だったそうです。

大きさに関しては、まぁ足が太いから大きくなるなんていうのは都市伝説ですからね。
ブリーダーさんいわく、「何ならそのトリマーに両親も祖父母も見せるからここへ連れて来て下さい」と。
きちんとした交配をしているという自負のある人だったのです。

後日談ですが、骨量ががっちりしてるので重さは出ましたが、ちゃんとタイニーサイズの大きさになったそうです。



そして、そのトリミングサロンは・・・

元々、そのお客様はお里のブリーダーさんを信用しきっていましたので、当然「あそこのトリミングサロンは、嘘を言ってまでマイクロバブルをすすめる」という印象になり、犬友さんとの雑談でトリミングの話題が出るたびに「あの店はやめた方がいいよ」みたいな事を言い始めたそうです。

そして悪い事に、そのブリーダーさんはドッグショーでも実績があって、それなりに顔も効く人だったのです。

悪い噂はほんと、拡がるのが早いですからね。
途中、尾ヒレも付いて、その地域では評判の悪い店に成り下がってしまいました。

口は災いの元と言いますが、本当に怖いですよね・・・

普段仕事をしていると、特にトリマーさんや獣医さんに多いのですが、憶測で批判をする人をたびたび見かけます。
当の本人は親切心からかもしれませんが、人によって受け取り方はさまざまです。
獣医さんが軽く言った事が後々の補償問題にまで発展した事例もありますのでね、根拠が明確でない他者の批判はぜひ避けたいところです。

くわばらくわばら・・

2016.03.12 | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑談

«  | ホーム |  »

FC2Ad