FC2ブログ

なぜ独自の医療保証を付けているのか?

Fotolia_27093402_XS.jpg


日本ペット通販振興会の会員店には一律独自の医療保証を付けてもらっています。

要は、子犬お引渡し後1ヵ月以内に引き渡し時に気づかなかった病気(事例的には回虫や腸内細菌などが多い)を発症した際に、治療にかかった費用を上限3万円まで会員店が負担するというものです。

ブリーダーさんによってはペット保険を勧めたり、販売サイトが保証を付けていたりするケースはありますが、販売者みずから自腹でやっているところは皆無に近いと思います。(元会員店さんは継続されているところもありますがその程度です)
一見、販売サイトや保険会社に保証を丸投げした方が良いように思われますが、実はあえて自腹の保証を付けるのには理由があるのです。


本当はノウハウの部分になるので書きたくなかったのですが、
先ほど会員店さんと話していて、むしろ同業者にマネしてもらった方が業界にとってもメリットがあると思い、今回その理由について書く事にしました。


さて、その最大のメリットなのですが、無用なクレームが防止できるという事です。

仮に何も保証を付けてない場合、お引渡し後に例えば回虫が悪さしたとして、治療費がかかったとします。
当然獣医さんからは胎盤感染、つまり元々お腹の中に回虫がいたんですよ…なんて説明されるわけですから、飼い主さんとしては心穏やかではありませんよね。
元々持ってた病気なのに、なんで飼い主が治療費を負担しないといけないの??
もしかしたら、文句のひとつでも言ってやりたい、あるいはゴネて治療費を請求しようなんて思っても不思議ではありません。
現に、ペットショップやブリーダーにはそういうクレームは多いですしね。

これが、あらかじめ
「体調管理は万全にしていますが、それでも完璧にするには無理がありますので、ごく稀に何か病気が出てくる事もあるかもしれません。そうなった時には治療費を負担しますのでご連絡ください」
と、お客様に伝えていたとしたらどうでしょうか?

お客様はクレームではなく「これこれこういう病気で治療費がかかったのですが、これは保証対象になるのでしょうか?」という相談の連絡となります。
どうせこじれてしまえば治療費は負担しないと収集がつかなくなるので払わないといけなくなります。
だったら、最初から保証を付けて、お互い気持ちよくやりましょうよ…というのが狙いです。

クレームになるのか、相談になるのか、この違いは大きいですよね。

仮に保険会社や販売サイトに丸投げしていても、お客様としては販売者に痛みがないのは分かりますから、やはり心中穏やかではありませんよね。


これは単にクレームを受けるのが嫌だからという問題だけではありません。
クレームを言うお客様の心理を考えると分かると思いますが、クレームを言うという事はその販売者にもはや信頼を寄せていないという事になります。
という事は、その後の育児相談や病気の相談も当然しなくなりますよね。

お客様にとっては、貴重な相談先をひとつ失う事になるんです。
という事は、その子犬にも少なからず影響があるという事。これこそが、クレームを発生させてはいけないという最大の理由なんですよね。

そういった、諸々の事を考えた上で独自の医療保証を付けているという事です。
まぁ、もっとも、きちんとしたブリーダーさんとお付き合いしていたら、保障事例なんて年に何回かあるかどうかという程度なのですけどね。


他にも会員店さんには、いろんな施策をお伝えしていますが、そのひとつひとつにお客様心理や子犬の事、そして私たちが仕事を楽しくするための理由がちゃんと存在しています。
疑問があれば事務局に聞いていただいてもいいですが、いろいろ失敗しながらベストなやり方を導いた結果の施策ですので、まずは信じてもらっていいと思います。

みなさん、がんばりましょう!(笑)


事務局 原田

2019.05.02 | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑談

自営業者特有のサボリ病になっていませんか?

みなさん、こんにちは。

先月は大阪の方、そして今月は東京の方より新規加盟がございました。


020.jpg


大阪の方は一日も早く軌道に乗せていただけるよう、
東京の方はご事情によりオープンは先になりそうですが、その分しっかり準備をしてスタートダッシュを切れるように臨みたいと思います。


さて、新規開業される方には必ずお伝えしている事なのですが、この仕事を成功させるかさせないかは、単純に仕事をしているかしてないかの違いと言っても過言ではありません。

どれだけ収益を上げるかは個々の力量も影響するのですが、ちゃんとやるべき事をしっかりやった人の中で「まったく売れないんですけど・・・」という人はひとりもいませんでした。
売れない人の多くは、ブリーダー開拓をサボっているとか、必要な広告を出していないとか、文章表現や写真の撮り方がおかしいとか、必ず何らかの原因があるわけです。

仕事のやり方が悪いというのはまだどうにでもなります。
一番やっかいなのは、仕事をサボってしまう事。いつまで経っても自店のホームページに子犬情報が掲載されないのに(つまり、ブリーダー開拓をやってない)、そりゃぁ売れるわけありませんよね。

本人はいろいろ理由をつけて忙しそうにしてますけど、実際のところどうなんでしょう?


特にひとりで仕事をしている自営業者に陥りがちなのですが、サラリーマンの頃のように上司がいるわけではないので、サボろうと思えば際限なくサボってしまえる事があります。
いろいろと仕事ができない理由(というか、やらない理由)もいくらでも通ってしまいますしね。

で、気が付けば1週間何も仕事をしてなかった・・・ みたいなパターンです。

この仕事に限らず、仕事がうまくいってない自営業者(フリーランス)って多分このパターンが多いと思うのです。
ちゃんと仕事をしている人からすると信じられないと思いますが、自ら稼がないといけない立場の自営業者なのに、ほんとに仕事をしない人がいたりするのです。

あなたも心当たりがないでしょうか?


自営業者は、時間に縛られず自由に自分の考え通りに仕事が出来る事が大きなメリットです。

と同時に、飢え死にする自由もあるわけです。

サボリたくなったら何でもいいです。仕事につながる何かをやりましょう。
ブリーダーさんにアポを取るとか、ブログを書くとか、専門書を読むとか・・・

きちんと仕事をすれば、人ひとり生きていくぐらいの収入なんて普通に稼げますよ。
サボらず、がんばりましょう!


2019.03.22 | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑談

お引渡しの直前になって・・・

会員店の皆様、こんにちは。

昨日は兵庫県の芦屋まで2匹のダックスっ子をお届けしてきました。
まれに「兄弟姉妹で子犬を迎えたい」と言われるお客様がいらっしゃって、今回も姉妹そろっての旅立ちです。


007_20190211140610d7a.jpg


お客様宅へ連れて行き、しばらく様子を見ましたが、2匹とも愛嬌良く元気いっぱい!
姉妹一緒なのでビクつく事もなく、すでに勝手知ったる我が家のように馴染んでいました。

血筋の良い別嬪さんなので、芦屋の街にふさわしいお嬢さんたちに育ってくれる事でしょう。



そして、帰りは神戸のハーバーランドに立ち寄って、ステーキハウスで燃料補給(笑)


037.jpg


車で遠方まで子犬をお届けするのはいろいろ気疲れしますが、ついでにその土地の美味しいものを食べたり、観光したり、温泉につかってみたり・・・
こういう楽しみがあるのもこの仕事の嬉しい所ですよね。 仕事の後は、ぜひ羽を伸ばしましょう!



さて、本題なのですが。
実は、昨日は他にも2匹空輸する予定でした。(こちらも姉妹でお迎えのお客様でした)

それが、前日の夜になって、よりによってその2匹が大喧嘩・・・
ちょっとところどころ赤く腫れちゃったので1週間延期となりました。
まぁ、元気な子たちですので、ちょっとヒートアップしてしまったのでしょう(笑)

こういう事って、頻繁ではないのですがたま~に発生します。
喧嘩に限らず、お迎え当日になって急に下痢したとか、食欲がなくなったとか・・・

今まで何の問題もなかったのに、なんで直前になってこうなるの??
何年か前には、空港まで連れて行って、飛行機に乗せるその直前に下痢便で引き返したなんて事もありましたしね。

おそらく、ブリーダーさんの態度や仕草なんかで「何か違うな」という事を察するのかもしれません。
愛情あるブリーダーさんほど名残惜しさにいろいろ子犬ちゃんにやってしまいますからね(笑)


こんな時は、お客様も楽しみにされてますし、空輸の手配なんかもしていますからつい無理してお届けしがちです。
でも、少しでも不安があれば様子を見るためにも、お引渡しは延期すべきだと思います。ここは私たちが毅然と判断すべきものです。

お客様には申し訳ないのですが、きちんと説明すればきっと快くご理解いただけます。なにしろ子犬ファーストな判断ですからね。
無理にお迎えいただいて、子犬に負担をかける事のないよう、そしてお客様に無用な心配をかける事のないよう、しっかり対応してあげましょう。


微妙で判断が付かない場合は事務局までご連絡ください。きちんと助言いたしますので。


2019.02.11 | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑談

あけましておめでとうございます

皆さま、新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。


今年も事務局が運営するブランシアンのお客様、また当会の会員店様、卒業された同業者の皆様、ブリーダー様等、たくさんのお年賀状をいただきました。
この場をお借りして、心より御礼申し上げます。


001_20190105123423a58.jpg


お客様からはブランシアンからご紹介したご愛犬たちの写真と共に「お陰様でこんなに大きくなりました」「病気もせず元気に暮らしています」「毎日が本当に楽しいです」などの感謝の言葉や近況のご連絡が添えられており、それらをニヤケながら読むのが新春の恒例となっております。

会員店の皆様へも同様な年賀状が届いていると思いますが、血が通っている仕事をしている何よりの証ですよね。
今年も、わんことその家族の笑顔を大切に、そして、我々も幸せのおすそ分けをいただきながら楽しく業務を行ってまいりましょう!

また、当会会員店のお客様、ブリーダー様をはじめとするステークスホルダーの皆様方、まだまだ至らない点もあるかと思いますが、どうか本年もどうぞよろしくお願い致します。



日本ペット通販振興会 事務局 原田伸一

2019.01.05 | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑談

防寒対策を忘れずに♪

こんにちは。

明日明後日と2匹の子犬を空輸するので、防寒対策をえっちらおっちらやっておりました。


DSC_0089.jpg


子犬を入れるバスケットの網目に隙間風が入らないように、プチプチの発砲素材で包んで、中にブランケットも入れて。
それでも心配なので服を着せてやりたいのですが、ちびっこに合う既製品が無いので、私は人間用のリストウォーマーを転用しています。


012_20121118180907.jpg


親指の部分は初めから穴が開いているので、そのとなりにハサミで穴を開け、出来上がった2つの穴に前足を通して着せます。

以前の写真ですが。


0011.jpg


これ、結構お客様受けも良くて、皆さん笑ってくれます(笑)


寒い時期ですのでね。会員店の皆さんも子犬のお届け時にはしっかり防寒対策を施しましょう。
詳しく聞きたい方は事務局までお聞きください。



2018.12.13 | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑談

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

日本ペット通販振興会事務局

Author:日本ペット通販振興会事務局
事務局の原田です。
お客様と血の通ったお付き合いを実戦しましょう!

検索フォーム

QRコード

QR