FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

さりげなさを意識する

170406001.png


こんにちは。
事務局の原田です。

この7月から新規の会員店さんもオープンされ、さっそくブリーダー開拓も頑張っているようです。
私も最初のお客様に子犬をご紹介した感動は今でも覚えています。ぜひ1日も早くその感動を味わっていただきたいものです。




■ 情報発信はさりげなく!


さて、何度も会員店の皆さんにはお話ししていると思うのですが、年々広告色の強い表現は敬遠される傾向にあります。
そこで、「あえてセールスをしない」営業方法をお伝えしていますよね。

オフィシャルなお店のサイトはどうしても営業色が出てしまいますので、ブログやSNSの情報発信に工夫が必要になってくるという事です。


ポイントとしては、SNSやブログでは売りに走らない。

例えば、ブログに子犬を紹介するとしますよね。
そしたら、「ぜひお問合わせください」みたいな事は絶対に書かない事です。
ブリーダーさん宅に行って、子犬や親犬とふれあった事、ブリーダーさんから聞いたためになるお話し、訪問したあなたの率直な感想など、ただありのまま伝えるだけでいいのです。

子犬情報への誘導はなくてもいいし、付けるとしてもリンクを貼るだけで余計な誘導文言はつけない方がいいのです。
興味を持ってもらえたら、勝手に調べてくれますし、その方が固いお客様になります。


また、「この店長さんから紹介してもらいたい」と感じさせないといけません。
お店の魅力や販売者の魅力に共感していただかないと、この仕事は本当に難しいのです。

逆に、一度ファンになっていただける仕組みを作ってしまえば、ほとんど広告費なんて必要なくなります。

そのためには、まずは販売者自身の事を知ってもらう事。当たり前ですが、よく分からない人にたいして親しみも共感もありませんからね。

そのためには、ブログやSNSに自分を出して行くこと。
たまには趣味やプライベートな事でもいいんです。ただ、意識したいのは、キレイ目とかセンスの良さとかですね。
我々のお客様層は、ちょっと属性的には良い人になってきますからね。その人たちに感覚を合わせないといけません。

私はクスッ笑いを意識しながら情報発信をしていますが、ウケ狙いだけだと品が良くならないんですよね。
だから、自撮りの時はおちゃらけても服装は小綺麗にしてますし、写真のクオリティは大切にしています。

格好つける必要はありませんが、例えば「子犬のお届けが終わってランチしました」みたいな記事を書く時には、ちょっとオシャレなお店にするとか、愛犬を撮影する時には背景も考えてみるとか、そういうさりげない品の良さを所々で出して行くといいですね。


あとは、プロならではのお役立ち記事など。
これについてはもう耳ダコだと思いますのでここでは詳細は省きますが、ブログでお役立ち記事を書く際にも掲載画像にはこだわった方がいいですね。


さりげなく品の良さを出す事。

そして、さりげなく子犬の良さを伝える事。

けっして、SNSやブログでは売りに走らない。



このあたり、ちょっと意識してみてはいかがでしょうか?



スポンサーサイト

2018.07.12 | コメント(0) | トラックバック(0) | マーケティング

ビジネスの種はそこいらに転がってる。

先日、お付き合いの長いブリーダーさんからの依頼でチワワっ子をご紹介いたしました。


ctr40901-3.jpg


この仕事は一般のお客様だけでなく、時々プロユースの引き合いがあります。
Aというブリーダーさんからの依頼でBというブリーダーさんの子犬を仲介する。AさんもBさんもよく知っている人なので、信頼関係もあってさほど面倒もなく取引が出来るのが魅力ですよね。

こういう取引が安心して出来るのも愛好家タイプのブリーダーさんと付き合っているから。
子犬ちゃんを大事に育ててくれる安心感もありますし、将来、このおチビちゃんがママになって、そのまたベビーを見る事ができるかもしれない楽しみもあります。
自分が紹介したわんこが出産したりすると、なんだか我が子を見るような幸せな感覚になるから不思議です。

この仕事を何年か続けると、こういうギフトもあるんですよね。




さて、今回のお話は、案外ビジネスの種はそこいらに転がってるよ~ というお話です。

この仕事を始めて、お店の電話が電話帳に載るようになると、電話帳からのお電話もよく入ってきます。
そういうお客様は当然ホームページは見てないので、普通のペットショップと勘違いしてお電話されるんですよね。

「今からトリミングお願いしたいんだけど空いてますか?」

「子犬が見たいのですが、お店はどこにありますか?」

「セキセイインコとか売ってます?」

「犬を預けたいのですが・・・」

ほんと、いろんな電話がかかってきます。


我々の仕事は実店舗を構えないやり方なので、基本的にどれも対応できませんよね、普通は。
なので、こういう電話がかかって来た時にはたいてい「うちは子犬の仲介だけなので・・・」なんてあっさり断るパターンだと思います。

そして、電話を切った後に「めんどくせーなぁ」なんて思ったりするわけです。

でも、それってすごく勿体ないですよね。


例えば、うちなんかは月に10件ぐらいは平気でトリミングの問い合わせがあったりします。
当たり前ですが、トリミングなんてやってないので広告も出してませんし、そんな臭いも出していません。
それなのに、たかだか電話帳に載せているだけで月10件以上も問い合わせがあるんですよね。

すごく需要があると思いません?

多分、ちゃんと事業としてやれば、新規のお客さんが月30件ぐらいは平気で来るようになるでしょう。
そのうちの何割かはリピーターとなりますので、事業としてそこそこ行けるかもしれないという予想が出来ますよね。

そうなったら店舗を出すという選択もありますし、近隣のトリミングサロンに仲介するという事業もできます。
実際、私の場合はお付き合いしているブリーダーさんがトリミングサロンやっているので、そちらに紹介して喜ばれています。


「お店に行けば犬が見れますか?」
みたいな人には魔法の言葉があって、「子犬を展示すると可哀想なんですよね~。うちではお里で育ててもらってるんですよ」なんてお伝えすると、半分以上の人が興味を持ってくれます。

だって、電話帳の人は一般的なペットショップでしか犬を買う事が出来ないと思っているからです。
展示販売が可哀想という事すら意外性のある言葉だったりするんですね。


他にも注意深く「ちゃんと考えて」電話対応していると、いろんなビジネスの種がある事に気づきます。

お客さんになり得ない電話だからと面倒くさがっていると、ビジネスの種に気づかないまま無駄な時間になってしまいますよ~


もっとも、これは電話に限らないんですけどね。

ブリーダーさんと雑談していても、お客様とたわいのない話をしていても、ひらめく事は多々ありますから。
時間は有効に使っていきましょう!


と・・・

いろいろアイディアは浮かぶけど、なかなか時間が取れなくて何もできない事務局の原田がお伝えしました(笑)


2018.05.11 | コメント(0) | トラックバック(0) | マーケティング

「機会損失」を常に意識しましょう。

会員店の皆様、こんにちは。
事務局の原田です。

ここのところ、ご見学やらお引渡しやらで、長距離運転の疲れが溜まっています・・・


180321001.jpg


こういう顔を見てると、その時は私も元気なんですけどね。後で疲れがどっと来ます(笑)


こういう忙しい時は、ついいろいろな事が後回しになってしまうのですが、
それでも、きちんと「やる事とやらない事」を精査して、流されないようにしたいですね。



という事で、今回は「機会損失」というお話です。


よく私が皆さんにお伝えしている事の中に、「成功する人は決断と行動が早い」というのがありますよね。
これは、ほんと明らかに傾向として出ています。

考えてみれば当たり前の事なのですが、早く動けば結果が出るのも早いという事です。


例えば、来月から始めるつもりだった広告を今日からやれば、1ヵ月早く売り上げがあがるかもしれません。
今日からはじめたら、今月中に子犬が1匹でも売れるかもしれませんよね。
来月から始めたら、今月売れるはずだった売り上げがゼロという事。つまり、早く行動しない事の損失が出るという事ですね。

こういうのを時間軸で見る機会損失と言います。

例えば、たまに新規開業希望者さんから「今、開業資金を貯めています」なんてご相談もあるのですが、開業資金が貯まるまで何年かかるの?という事も考えないといけません。
あまり私からは勧めませんけど、どこかから借りられるんだったら借りてさっさと事業を始めた方が良いという考え方もありますよね。
だって、金利よりその間の利益の方が多くなるわけですから、貯まるまで待ってたらそれも機会損失になるという考え方です。


皆さんが行っているブリーダー訪問だってそうですよ。
もちろん子犬の成長を見ながらですが、皆さんの都合上の事で、頑張れば今日行けるのに、なんだかんだで1週間後に行ったりすると、もしかすると、その1週間の間にその子犬を探している人がホームページを見に来てくれるかもしれませんよね。

1週間早く子犬情報を掲載する事で、本当なら他店に流れてしまうお客様があなたのお店で買ってくれるかもしれません。


他にも、ホームページを変更してみるとか、何か工夫した販売方法をやってみるとか、
SNSを開設するとか・・・

思いついたアイディアはすぐに実行してみる。


一事が万事、行動の早い人は、すべてが早いので、そりゃぁ結果が出るのも早いわけですよね。


ただ・・・

行動を遅くしている原因は、「自分では判断がつかない」とか、「なんとなく不安で行動できない」という事もあるかもしれません。
そんな時は、単なる思い付きでもいいので、ぜひ事務局までご相談くださいね。


今成功している人は、過去、ウザいくらいにいろいろ聞いてきた人たちばかりですから(笑)




事務局 原田

2018.03.21 | コメント(0) | トラックバック(0) | マーケティング

広告費をほとんどかけない集客方法



事務局の方で運営しているブランシアンでは、今ボストンテリアの募集で忙しくなっています。

有難い事に、常に何十人というお客様が出産をお待ちで、今回も11/22の20時からご見学のご予約を受け付け開始したのですが、20:00ジャストに一斉にお申し込みをいただき、すぐに予約が埋まってしまいました。

これに関しては、当然それに値する子犬をご紹介している事ももちろんですが、それを多くの人に伝える工夫を行った事に要因があります。



一般的にはリスティング広告でお金をかける事がまだまだ主流ですよね。
でも、今は数年前に比べて優良なコンテンツがSEOの検索上位にあがってくるようになりましたので、そういうしくみを作れば、ほとんどお金をかけずにアクセスを集める事も容易になりました。


ひとつの例として、


2年ほど前から「ボステリJAPAN」というボストンテリアのポータルサイトを運営しています。



bosterri1130.jpg

ボステリJAPAN



これは、SEOにもっとも相性が良いと言われているWordPressという無料のオープンソースで構築しています。
このサイトでボストンテリアのさまざまな情報を提供しつつ、さりげなくブランシアンに誘導するという流れができているんですね。

実は本体のショップサイトとは別に作る事に意味があって、営利目的ではない中立的な立場で情報提供ができる事があげられます。
当然、情報を見る一般の人達も、営利目的ではないサイトの情報の方がすんなり受け入れてくれますからね。共感を呼びやすいという事です。

また、情報量が多いと、コンテンツ重視のSEO対策にもなりますから、検索上位に表示されやすくなります。
現に、ボストンテリア関連の検索キーワードで上位に表示されているので、月間、3~4万程度のPVを集めていますよ。

今回のお客様の中にも、ボステリJAPANからのお客様が相当数いらっしゃったので、それなりに効果は出ていると言えそうです。



さて、この事例を見て会員の皆さんはどう思われますか?

これまでお伝えしてきた事をある程度やっている会員店さんなら、ターゲットにする犬種も思い浮かぶと思いますし、情報提供できるだけの知識も身に付いていると思います。
また、ブログなどを書くうちに、文章力もある程度備わっているはずですよね。

WordPressについて少し勉強しなくてはいけませんが、ブログが書けるならそれほど高いハードルではありません。
どうしても大変なら、投稿すればOKというところまで事務局の方で構築しますしね(少し費用はいただきますが)。

少し業務負担は増えますが、ある程度作り込んでしまえばそれほど頻繁に更新する必要もないですし、やってみる価値はあるのではないでしょうか?


ちなみに・・・
数万単位でアクセスが来るようになれば、Googleアドセンスなどの広告料もお小遣い程度には入ってきますよ(笑)


やってみたいと思われる会員店さんは、ご遠慮なく事務局までご連絡ください。
もっと詳しく、さらに細かいテクニックもお伝えします。



事務局より





2017.11.30 | コメント(0) | トラックバック(0) | マーケティング

利用できるものは使いましょう!

新規開業をご検討されている方からこんなご相談がございました。


「まったくの新参者がお客様やブリーダーさんに信用されるものなのでしょうか?」


特にまったくペット業界のご経験が無い人ならなおの事、こういう不安は出てくると思います。

もっともこれはペット業界に限らずどんな業界にも言える事なのですが、
誰もがまったく実績もない、知識もほとんどない状況からスタートするわけですから、当然最初の苦労はあります。

信用なんてまったくないゼロからのスタートなんですから当たり前ですよね。


ただし・・・


これは当会の会員店さんにはお伝えしている事なのですが、


使えるものは使っていきましょう!と。


どういう事かといいますと、
日本ペット通販振興会も8年が経過しましたし、事務局であるブランシアンも10年目を迎えました。
まだまだ知らない人も多いのですが、ずっと子犬を探されているお客様の中にはご存じの方もたくさんいらっしゃいますし、ブリーダーさんの中ではブランシアンという名前を聞いた事があるという人はかなり増えてきました。

後で聞いた話なのですが、会員店さんがブリーダー開拓をする際にたまたま振興会の話題が出て、そこから手のひらを返したように提携話が進んだという事例も何度かお聞きしています。

有り難いことに、比較的良いイメージで浸透しているのかなと思う状況です。

私が直接関与したお客様だって、買う買わないは別にしても軽く2000名は超えてますからね。
最近はSNSなどで飼い主さん同士がつながっていたりしますので、噂を聞いてお問い合わせいただく方も月に何人もいらっしゃいます。


で、何が言いたいのかといいますと、

うちの名前を出してもらってもいいですよ!

という事。


先にも書きましたが、ブリーダー開拓の際には何かと有利かもしれません。
お問い合わせいただいたお客様にさりげなく伝えることで安心される事もあるかもしれません。

最初はどうしても信用を得ることが大変ですから、そこはうまくやっていきましょうね!


うちの会員さんだけの特権です(笑)



2016.07.15 | コメント(0) | トラックバック(0) | マーケティング

«  | ホーム |  »

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。