我々の存在意義?

みなさん、こんにちは。
先々週から先週にかけて、茨城、静岡、埼玉でそれぞれ新規開業研修を行ってきました。





で、いつものように営業ノウハウやブリーダー開拓等の手法をみっちりレクチャーさせていただいたのですが、皆さん本当に熱心に学習されました。
いつも思う事なのですが、この初心を忘れなければきっと成功すると思います。何せ皆さんやる気満々ですから。

この「最初のやる気」をいつまで継続できるか?
また「最初のやる気」が続くまでにどこまでやれるか?

ここが大きなポイントとなりますので、ぜひ頑張っていただきたいですね。



さて、今回も我々の存在意義について熱く語らせていただいたのですが、事業って大義名分がないとなかなか継続できないんですよね。
お金儲けしか考えない人はどの世界でもそのうち消えてしまいます。
だから、大義名分といいますか、存在意義というものは必ずお伝えするようにしています。


では、我々の存在意義って何なのでしょう?


子犬を飼うのにペットショツプではなく、ブリーダーから直接買うのでもなく、なぜ我々のような仲介業者なのか?

これは実際にご購入いただいたお客様の声に答えがあります。

我々の存在意義とは?

お客様が子犬を買おうとする際、まず頭に浮かぶのが大手のペットショップ(量販店)です。
そこで衝動買いしてしまったり、たまたま良い子犬がいたりして購入される方もいらっしゃいますが、安い買い物でもないですし、大半の人はネットなどで情報を得ようとします。

そうすると、実はペットショップ(量販店)で買う事がリスクの高い行為である事が分かります。
で、だったら直接ブリーダーから買うのが一番良さそうに見えるのですが、これがまた本当に苦労するんですよね。

ご存知のとおり、ブリーダーにもさまざまな人がいます。
劣悪な環境で大量に子犬を生ませているパピーミルと呼ばれている繁殖屋。あるいは、商売熱心のあまり嘘とは言いませんが、詐欺まがいのような販売をする人。
もちろんきちんとした人もいますが、悲しいかな、ブリーダー直販なんてやっている人も感心できない人たちが本当に多いのです。

お客様は素人さんなので、良いブリーダーとそうでないブリーダーの見分け方も分からない、健康な子犬の目利きもできない。ほんと、運任せなんですよね。

そんな中、我々はお客様に代わってきちんと目利きをして、安心できるワンライフを送っていただく。
実際、私などのお客様がよく言われるのですが、「原田さんに任せておけば間違いない」という信頼感こそが、我々の存在意義だと思っています。

こういう仕事のやり方をしてると、当然良いお客様が集まってきます。
そして、我々は一生可愛がってもらえる心身ともに健康で性格の良い子犬を提供させていただきます。
すると、昨今問題になっている捨て犬や殺処分なんて、有り得ないという話になってくるんですよね。
少なくとも、我々から買っていただいたお客様は愛犬を捨てるなんて皆無ですから。

保護犬の活動など真摯になさっている方にはほんと頭の下がる思いですが、
我々だって、入り口の部分では捨て犬や殺処分撲滅に貢献しているというもうひとつの社会的意義もあるんですよね。


良いブリーダーの探し方、見極め方はしっかりレクチャーさせていただいているはずです。
健康な子犬の目利きも、経験を積めば自然と分かってくるはずですし、判断に迷ったら事務局にご質問いただければアドバイスもいたします。

会員店のみなさんは、どうぞ自信をもって業務を行っていただきたいと思います。



追伸・・・今月も数件会員店さんにお客様をご紹介させていただきました。子犬情報があればご紹介もできますので、しっかりブリーダー開拓も行っていきましょう!



事務局 原田

2016.11.27 | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑談

ひとふんばり、頑張りましょう!

会員店各位


頑張ってる会員店さんがみんな卒業されて、現在お世話させていただいているのは開業からまだ間が無い会員店さんと、本業等が忙しくて一時休業されている方が多いです。

そういう状況なので、つい「他の会員店さんものんびりされてるから・・・」なんて、変な意味での余裕が出ているのかもしれませんね。

これは皆さんにお伝えしたと思いますが、私は振興会でしっかりノウハウを吸収してもらって、自力でやれるようになったら卒業してもらって良いと思っています。
月会費も勿体ないですからね。

そんなわけで、現在はたまたま表面上は稼働してないのでは?と思われてもしょうがない会員店さんが多くなっています。

でも、これって本来あるべき状況ではないんですよね。

たまたま今はこうなっているだけで、これが当たり前ではないという事。
なので、特に最近開業された会員店さんについては、流されずにぜひ自分のためにしっかりブリーダー開拓を行っていただきたいと思います。

皆さんにヒアリングした感じでは、やり方が間違っているとか以前の問題で、本業が忙しいからとか、ご家庭の事情とかで行動すら出来ていない現状があると思います。
もちろん、皆さんそれぞれの人生ですから、私が無理強いする事ではないのですが、そんな中でもやる人はやるんです。

過去の会員店さんがすべて成功されているわけではありませんが、ちゃんとやるべき事をやってまったく売れなかったという人はひとりもいません。現に、成功されている人もいるわけですから。
廃業された人の大半は「きちんと仕事をしなかった人」であって、才能に差はないと思っています。


先日も最近開業された会員店さんから「いきなりブリーダーさんに連絡するのは不安なので練習させてください」という事で、お電話でロールプレイングをさせていただきました。

この方はきっと近々子犬情報も並んでくる事でしょう。

表面上にはまだ出てこないですが、頑張っている人は頑張っています。

ぜひ、ひとふんばりして「自分に負けずに」頑張りましょう!


事務局 原田

2016.10.26 | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑談

ブリーダー開拓は特別な事なのか?

会員の皆さんには開業時研修でしっかり取引ブリーダーの開拓や付き合い方などを身に付けていただいておりますが、最初の「どうやってブリーダーさんを見つけるの?」というとっかかりの部分を分かりやすくまとめたものを皆さんへお送りしました。
ぜひ参考になさってくださいね!





さて、新規加盟される方が一番最初に不安なのが取引ブリーダーの開拓だと思います。
この仕事は子犬情報を集めない事には話になりませんので、人によっては最初の難関になるかもしれません。

人はラクをしたい生き物なので、以前あったフランチャイズなどでは子犬情報を全店で共有したりもしてました。
まぁ、ブリーダー開拓は他人がやってくれるのでラクなのでしょうが、結局はそういう人は売れてませんよね。

会った事もない、見たこともないブリーダーさんの、しかも写真だけしか見てない子犬を売るわけですから、
例えばお客様からの問い合わせがあった時、どう答えているんでしょうね。
当然、お客様から不審がられるのが関の山です。

ブリーダー開拓って、知らない人にいきなりアプローチするのですから、最初は勇気が必要かもしれません。
でも、ブリーダーといっても同じ人間ですからね。きちんとセオリーどおりにやれば案外簡単に取引できる事も多いのです。
もちろん、中にはめんどくさい人もいますよ。でも、そんなのはどこの世界でも同じですよね。

あなただって、今まで温室でぬくぬく育ってきたわけじゃないと思いますので、十分対応できると思います。


他店との差別化という意味でも大事ですが、
何より、ブリーダーさんとの付き合いって意外と楽しくて、いろんな学びもあります。
その経験がお客様への応対や、お店としての信頼感につながりますので、ぜひここは少しだけ努力していただきたいと思います。

お店が軌道に乗れば、情報は勝手に集まってくるようにもなりますしね。


ラクして儲かる話なんて、そんなのあるわけないですよ~ (笑)

2016.08.16 | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑談

利用できるものは使いましょう!

新規開業をご検討されている方からこんなご相談がございました。


「まったくの新参者がお客様やブリーダーさんに信用されるものなのでしょうか?」


特にまったくペット業界のご経験が無い人ならなおの事、こういう不安は出てくると思います。

もっともこれはペット業界に限らずどんな業界にも言える事なのですが、
誰もがまったく実績もない、知識もほとんどない状況からスタートするわけですから、当然最初の苦労はあります。

信用なんてまったくないゼロからのスタートなんですから当たり前ですよね。


ただし・・・


これは当会の会員店さんにはお伝えしている事なのですが、


使えるものは使っていきましょう!と。


どういう事かといいますと、
日本ペット通販振興会も8年が経過しましたし、事務局であるブランシアンも10年目を迎えました。
まだまだ知らない人も多いのですが、ずっと子犬を探されているお客様の中にはご存じの方もたくさんいらっしゃいますし、ブリーダーさんの中ではブランシアンという名前を聞いた事があるという人はかなり増えてきました。

後で聞いた話なのですが、会員店さんがブリーダー開拓をする際にたまたま振興会の話題が出て、そこから手のひらを返したように提携話が進んだという事例も何度かお聞きしています。

有り難いことに、比較的良いイメージで浸透しているのかなと思う状況です。

私が直接関与したお客様だって、買う買わないは別にしても軽く2000名は超えてますからね。
最近はSNSなどで飼い主さん同士がつながっていたりしますので、噂を聞いてお問い合わせいただく方も月に何人もいらっしゃいます。


で、何が言いたいのかといいますと、

うちの名前を出してもらってもいいですよ!

という事。


先にも書きましたが、ブリーダー開拓の際には何かと有利かもしれません。
お問い合わせいただいたお客様にさりげなく伝えることで安心される事もあるかもしれません。

最初はどうしても信用を得ることが大変ですから、そこはうまくやっていきましょうね!


うちの会員さんだけの特権です(笑)



2016.07.15 | コメント(0) | トラックバック(0) | マーケティング

最新の広告ノウハウ?

先週は千葉まで新規開業研修に行ってきました。

今回新しく仲間に加わった会員店さんも意識の高い方で、
「ネットで簡単に」という安易な仕事ではなく、お客様ひとりひとりに向き合い、子犬との出会いを提供するという当会の主旨に共感されてこの仕事をしようと思われたとの事。

これは、長く事業を営まれ、成果を出されている方だからこそ共感できる商売の王道なんですよね。
成功体験をお持ちの方ほどこの仕事の将来性とか社会的な意義をご理解いただけるのは私にとっても嬉しい事です。

私もしっかりフォローして行こうと決意を新たにした次第です。



さて、表題にある最新の広告ノウハウについてなのですが、
これまで我々が主に活用していたリスティング広告がさらにシビアになってきているような気がしています。

数年前に比べると、リスティング広告自体の表示件数やクリック数が軒並み減少しているという事。
それに伴って、広告文の工夫やターゲティングの適正化をしっかり行わないと広告効果が思ったほど得られないという現象が起きているんですね。

これにはいろんな要素が絡んで来るのですが、
一番の理由はスマートフォンの普及により、ネットに対する活用方法が変わってきたという事があげられます。
特にプライベートな場面では、完全にPCからスマホへ移行していると言っても過言ではありません。

ただし、我々のようなじっくり検討して購入する商品(子犬)の場合は、最終的にはPCに流れて来るのですが、
なんとなく子犬を飼いたいなぁ・・・という軽く情報を集めているといった場合にはやはりスマホを活用される事が多くなっていると思います。

という事で、PC向けのリスティング広告については、「具体的に購入を検討されている人」をこれまで以上に意識していく事が重要になって来ているんですね。


そして、まだ軽く情報を集めている段階の人、あるいは、なんとなく子犬に興味がる人、
こういった人たちを取り込むためにどういった広告展開が必要なのか?

そのひとつの答えとして、Facebookの広告がここのところ注目されているんですね。





数年前まではFacebookのようなSNSでは広告効果はあまり期待できないというのが常識でした。
これは、あくまでもプライベートなコニュニティーの中に商売っ気を出しても疎外されてしまうという特長があったんですね。
人間心理を考えれば当たり前の事なのに、考えの足りない広告が多かったのもひとつの要因です。

ところが、ここ数年バイラルメディアの台頭化でにわかにその様子が変わって来ました。

Facebookをされている方なら分かると思いますが、最近おもしろネタなどの記事を配信しているメディアが増えましたよね。
つい記事のキャッチコピーに釣られてクリックしてしまったり、記事が面白くてシェアしてみたり・・・という経験があるのではないでしょうか?

つまり、Facebookが人と人をつなぐツールだけでなく、ひとつのメディアとなって来つつあるんですね。
なので、コンテンツ重視の広告には人々は嫌なイメージを持たなくなった事、むしろ積極的にアクセスされているという現象が起こっているのです。

ただし、あからさまに営業色を出した広告は今まで以上に嫌われています。

ここらへんの広告の出し方にノウハウが必要なのですが、私もメディア関係のクライアントさんがいて、そちらで試行錯誤をするうちある程度反応の良い広告手法というものが見えてきました。


SNSでなんとなく興味のある(これからお客様になり得る)人に自店についても興味を持ってもらう。
従来のリスティング広告については、具体的に検討されているお客様に絞って出稿していく。

このあたりの使い分けがこれからは必要になって来そうですね。


もっとも、ペット業界でここまで気づいて行動している人はまだほとんどいません。
ノウハウも恐らく知らない人の方が圧倒的でしょう。

時代の流れというものは気づかないうちに変わって、それに気づかない人たちは訳の分からないうちに淘汰されてしまうのが市場の原理です。
逆に言えば、「知っている」という事だけで、他店に勝つことができるという事。

会員店さんには必要に応じてそのあたりのノウハウもお伝えしますので、ぜひ楽しみになさって下さいね!(笑)



事務局 原田



2016.06.21 | コメント(0) | トラックバック(0) | マーケティング

«  | ホーム |  »