FC2ブログ

文章表現がうまくなる方法

みなさん、こんにちは。

昨日は大分で、新規開業される会員店さんの開業研修を行ってきました。


057.jpg


いつものように裏技(笑)も含めていろいろレクチャーさせていただきましたが、会員店さんもやる気満々ですので今後がとっても楽しみです。
しっかりフォローさせていただきますので、ぜひ頑張ってください!



文章を書くって案外難しいですよね。


最終的にはお客様ともお会いして子犬も見ていただくので、当然すべての取引がネットで完結するわけではないのですが、我々の仕事は文章表現能力が結構問われたりします。

最初のホームページを作成する際には、いきなりお店の紹介文や店長挨拶文などを考えていただきますし、実際に仕事が始まれば子犬掲載の際の説明文やお客様とのメールのやり取り、お店のブログだってお客様から信頼されるための表現力は必要ですしね。

ありきたりの表現ではなかなか心に響かないので、そこは工夫も必要ですよね。
新しくこの仕事を始められる方のその多くは、まず文章を書くことから大変だと言われます。


では、どうすればお客様の心に響く文章が書けるのでしょうか?

実際、この仕事に合ったいろいろな文章の形はあるんです。
また、どう表現すれば良いのかもおおよそ分かっているので、それらのテクニック的な事は個別にお話もさせていただいているので、少し意識すれば、そこそこ良い文章は皆さん書けるようになってきます。

ただ、その会員店さんなりの個性や人間味のある文章、また「自分の言葉で表現する」という作業においては、やはり個々の努力が必要なんですよね。
で、文章がなかなかうまく書けない人の共通点は何かというと、そもそも普段から本を読んでない、つまり文章に触れていないという事に帰結するわけです。

そう、そもそも文章を表現するための部品(語彙力といいます)が頭の中に揃ってないんですよね。
良い文章に触れてないから書けないのはあたりまえ。決して才能とか頭の良し悪しではないのです。


ちなみに私は、学生の頃から小説が好きで、いまだにいろいろ読んでいます。
今回の大分へ行く道中でも、仕事の連絡等以外ではスマホなんて一切見ません。往復の新幹線や電車で1冊読み上げました。

そうすると、さすが小説家さんはすごい表現力ですからね。
意識して「今度この言葉使ってみよう」なんて思う事もありますし、ただ読むだけでも知らないうちに文章の構成や語彙力が身に付いてくるんですよね。

アウトプットするためにはまずインプットが必要です。
スタートアップ時はなかなか小説を読む時間もないとは思いますが、空いた時間はとにかくプロが書いた良質な文章に5分でも10分でも触れてみる。

嘘だと思うかもしれませんが、それだけで文章が書けるようになってくるから不思議です。

読んで書く。
セールス文章などにはテクニックも多いですが、結局はこれに尽きるんですよね。
感動した映画があったらその原作本を読んでみる。そんな感じから始めてみてはいかがでしょうか?



2019.10.29 | コメント(0) | トラックバック(0) | マーケティング

仕事にちょっとした楽しみを作ろう

みなさん、こんにちは。

子犬の仲人業(仲介)という我々の仕事は、たくさんの子犬たちとふれあえる楽しさがありますよね。
犬好きの人がこの仕事を始められると思うので、それこそ天職というか、それだけで幸せな仕事だと思います。

それでも、まぁ仕事なので厳しい面ももちろんあります。

そこで、子犬にふれあったり、愛犬家のようなお客様といろんなおしゃべりをしたり・・・ という当たり前の楽しさ以外にも、密かな楽しみを持ってもいいんじゃないかと思っています。


私の場合ですが、遠方に子犬をお届けした時には、帰りにちょこっと道草をしています。

最近の道草はというと・・・

松山にトイプーちゃんをお届けした時には、道後温泉に立ち寄りました。

2081.jpg
021.jpg

ちょうど道後温泉は改装工事中だったんですけどね(涙)
でも、かろうじて温泉は開いていました。

そして、宇和島の鯛めし♪

035.jpg

これが激うまでした。


他にも、小豆島にお届けした時は、フェリーの中から瀬戸内海の島々をぼーっと眺めてたり。

018.jpg

その横で、子犬ちゃんのじーっと見つめる視線に萌え萌え(笑)

2080.jpg

フェリーの中なので、外に出せないんですよね・・・


あと、大阪にお届けした時には、ちょっと神戸のみなと異人館で道草(笑)

013_2019090508573756b.jpg
034_20190905085749ca5.jpg

帰りにあちこち観光気分で立ち寄るのが密かな楽しみなのです。
今年の夏はまともに休みが取れなかったのですが、そんなこんなでしっかり観光だけはしているという、もはや仕事と遊びのボーダーラインが曖昧な感じになっています・・・


でもね、仕事の中にこういう楽しみを持っててもいいと思うんですよね。
サラリーマンの頃ならご法度かもしれませんが、皆さんは独立した経営者なので、自己の責任において楽しんでもいいと思うんです。
こういう遊びがあるから仕事も楽しくなり、その楽しさが子犬やお客様への対応にもプラスになるんだと思っています。

ストレスの溜まった暗い顔で子犬やお客様と接しますか?
それこそ、相手に失礼です。

実は、この密かな楽しみはお客様にもオープンにしているんですよ。お客様によっては「帰りにあそこに寄ってみたら?」なんて、いろいろ観光情報を教えてくれたりもします。そこでまた会話が盛り上がったり(笑)


もっとも、密かな楽しみは人それぞれでいいと思います。
何か、仕事の中で楽しい要素をみつけていくといいですね~!

どうせなら、面白く、楽しく仕事をしていきましょう。
そもそも、我々の仕事は、お客様に笑顔をお届けする仕事なのですから。



2019.09.05 | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑談

スマホ対応のwebサイトに移行しています。

b0fbeb7d6a30a75d1d9192e81ba052a0_m.jpg



会員店様向けのwebサイトの件です。

ここ最近開業された会員店様に関してはすでにスマホ対応しておりますが、長くされている会員店様の中にもスマホ対応にしてほしいとお考えの方もいらっしゃると思います。

少し前までは、まだまだ我々のお客様層にはスマホよりPCでじっくりご覧いただく方が多かったので、それはそれで良かったのですが、Googleがモバイルファーストを打ち出したり、実際のお客様の行動にも変化が出てきました。

という事で、もしホームページのリニューアルをお考えの会員様はご相談ください。
さすがに無料というわけにはいきませんが、業者に依頼するよりかなりお安くさせてもらいます。


今、新規開業の会員店さんのwebサイトをあれこれ相談しながら作っていますので、それが終わったら順次対応させていただきますね。


というか・・・・

振興会のサイトこそスマホ対応にしないといけないのですが・・・
なかなかそこまで手が回らない・・・(涙)


事務局 原田

2019.06.17 | コメント(0) | トラックバック(0) | お知らせ

なぜ独自の医療保証を付けているのか?

Fotolia_27093402_XS.jpg


日本ペット通販振興会の会員店には一律独自の医療保証を付けてもらっています。

要は、子犬お引渡し後1ヵ月以内に引き渡し時に気づかなかった病気(事例的には回虫や腸内細菌などが多い)を発症した際に、治療にかかった費用を上限3万円まで会員店が負担するというものです。

ブリーダーさんによってはペット保険を勧めたり、販売サイトが保証を付けていたりするケースはありますが、販売者みずから自腹でやっているところは皆無に近いと思います。(元会員店さんは継続されているところもありますがその程度です)
一見、販売サイトや保険会社に保証を丸投げした方が良いように思われますが、実はあえて自腹の保証を付けるのには理由があるのです。


本当はノウハウの部分になるので書きたくなかったのですが、
先ほど会員店さんと話していて、むしろ同業者にマネしてもらった方が業界にとってもメリットがあると思い、今回その理由について書く事にしました。


さて、その最大のメリットなのですが、無用なクレームが防止できるという事です。

仮に何も保証を付けてない場合、お引渡し後に例えば回虫が悪さしたとして、治療費がかかったとします。
当然獣医さんからは胎盤感染、つまり元々お腹の中に回虫がいたんですよ…なんて説明されるわけですから、飼い主さんとしては心穏やかではありませんよね。
元々持ってた病気なのに、なんで飼い主が治療費を負担しないといけないの??
もしかしたら、文句のひとつでも言ってやりたい、あるいはゴネて治療費を請求しようなんて思っても不思議ではありません。
現に、ペットショップやブリーダーにはそういうクレームは多いですしね。

これが、あらかじめ
「体調管理は万全にしていますが、それでも完璧にするには無理がありますので、ごく稀に何か病気が出てくる事もあるかもしれません。そうなった時には治療費を負担しますのでご連絡ください」
と、お客様に伝えていたとしたらどうでしょうか?

お客様はクレームではなく「これこれこういう病気で治療費がかかったのですが、これは保証対象になるのでしょうか?」という相談の連絡となります。
どうせこじれてしまえば治療費は負担しないと収集がつかなくなるので払わないといけなくなります。
だったら、最初から保証を付けて、お互い気持ちよくやりましょうよ…というのが狙いです。

クレームになるのか、相談になるのか、この違いは大きいですよね。

仮に保険会社や販売サイトに丸投げしていても、お客様としては販売者に痛みがないのは分かりますから、やはり心中穏やかではありませんよね。


これは単にクレームを受けるのが嫌だからという問題だけではありません。
クレームを言うお客様の心理を考えると分かると思いますが、クレームを言うという事はその販売者にもはや信頼を寄せていないという事になります。
という事は、その後の育児相談や病気の相談も当然しなくなりますよね。

お客様にとっては、貴重な相談先をひとつ失う事になるんです。
という事は、その子犬にも少なからず影響があるという事。これこそが、クレームを発生させてはいけないという最大の理由なんですよね。

そういった、諸々の事を考えた上で独自の医療保証を付けているという事です。
まぁ、もっとも、きちんとしたブリーダーさんとお付き合いしていたら、保障事例なんて年に何回かあるかどうかという程度なのですけどね。


他にも会員店さんには、いろんな施策をお伝えしていますが、そのひとつひとつにお客様心理や子犬の事、そして私たちが仕事を楽しくするための理由がちゃんと存在しています。
疑問があれば事務局に聞いていただいてもいいですが、いろいろ失敗しながらベストなやり方を導いた結果の施策ですので、まずは信じてもらっていいと思います。

みなさん、がんばりましょう!(笑)


事務局 原田

2019.05.02 | コメント(0) | トラックバック(0) | 雑談

GW期間中の対応について

お世話になります。

日本ペット通販振興会事務局のGW期間中の対応についてですが、
通常通り仕事をしておりますので、会員店様の各種ご相談、加盟検討中の皆様への各種お問合わせ、無料説明会等もお気軽にご連絡ください。

どうぞよろしくお願い致します。


事務局 原田

2019.04.23 | コメント(0) | トラックバック(0) | お知らせ

«  | ホーム |  »

プロフィール

日本ペット通販振興会事務局

Author:日本ペット通販振興会事務局
事務局の原田です。
お客様と血の通ったお付き合いを実戦しましょう!

検索フォーム

QRコード

QR